ȥå   Խ ʬ Хåå ź ʣ ̾ѹ   ñ측 ǽ   إ   ǽRSS

ショッカー怪人No.001 怪奇蜘蛛男

Last-modified: 2011-06-23 () 14:38:20 (2675d)
Top / ショッカー怪人No.001 怪奇蜘蛛男

ショッカー怪人No.001 怪奇蜘蛛男

s01kumo.jpg

能力値

STR24CON25SIZ16INT14POW14DEX15

その他能力

移動(地面・壁・天井)8/(吊り糸移動)10
ダメージボーナス+1D6
装甲通常は4、火や熱に対しては2
HP21
スキル回避55% ジャンプ70% 目星75% 忍び歩き50%
闇に隠れる50%
SAN喪失値1/1D6

怪人の解説とアクション

蜘蛛男はMPを消費することで蜘蛛糸を口から吐くことができる。
蜘蛛糸は1MPにつき1D6STRに相当する強度と粘着性をもち、その長さは瞬間的になら10m長まで、ゆっくりであれば20m長まで延長可能である。この強靭な蜘蛛糸を用いて標的に対して捕獲(=グラップル)を試みることもできる。
蜘蛛糸と同様、口から毒針をダーツのようにして20m先まで発射することもできる。

蜘蛛男には全部で4本の腕が生えており、合計6本の手足を巧みに動かすことで地表面のみならず壁面や天井面を、上下前後左右にスムーズに移動することができる。
蜘蛛男は全身の筋力を使って5mの高さまでジャンプが可能である。
4本ある上肢のうち1本を失う毎にジャンプ力を1mずつ喪失してしまう。加えて手足のいずれか3本を失った時点で壁や天井での移動を行う事ができなくなってしまう。
各上肢は各々3HPであり、1本を物理的にもぎ取られたりして欠損するごとに基本能力値が現在値からSTR-3、SIZ-2、DEX-1となる。腕が単なる使用不能となった場合にはSTR-3、DEX-1となる。

使用する武器や攻撃パターンによる違いはあるものの、蜘蛛男は4本の腕を用いて1ラウンド中に最大で4回までの攻撃もしくは受けを行える。
もしくは口を用いたアクション(牙による噛みつき、毒針、蜘蛛糸など)1回と腕アクション2回をラウンド内に同時に行うことも出来る。

蜘蛛男は3つの複眼と2本の触角をもち、これにより驚異的な探知能力を発揮する。
その複眼は暗視能力によって、夜間においても昼間と何ら変わらない視力を得られるのだ。赤外線視力という訳ではない為、少量の光によって目が眩んだりするといった事は起こりえない。

蜘蛛男はその体内に無数の子蜘蛛を飼っており、開いた口の端から時折わらわらと出現するものの、無気味な舌でぺろんと舐めとられてすぐに再び呑み込まれてしまう。
この毒々しい姿の子蜘蛛達は蜘蛛男が発射した蜘蛛糸に必ず付着しており、蜘蛛糸に絡めとられた不運な犠牲者に容赦なく噛み付き、神経麻痺毒を注入しようとする。
この生物毒は12POTの効果をもち、これに冒された犠牲者は数分以内に強い脱力感と呼吸器痙攣に襲われ、STRとDEXをそれぞれ-1D6ずつ暫時的減少させられてしまう。

攻撃オプション

攻撃方法成功率ダメージ
毒針50%溶解による1D6
蜘蛛糸50%捕獲
パンチ70%1D3+db
キック25%1D6+1D3+db
25%1D6

戦闘員特典

  1. 怪奇蜘蛛男の配下に任命されると〈蜘蛛糸〉技能を獲得できる。基本成功率はDEXx3%。
    戦闘員は投網の要領でこの蜘蛛糸を6m以内の標的に向けて用いることで、捕獲を試みることができる。ちなみに蜘蛛糸そのものの強度はSTR15に相当し、鋭利な刃物で切り裂くことは可能である。

  2. 〈壁面蜘蛛走り〉DEXx3%を獲得できる。この技能によって1ラウンドに6移動力の速度で、壁をスムーズに移動することができるようになるのだ。走る動きのメカニズム観点から言って天井を歩くことは出来ても、走るのは無理。

  3. 「蜘蛛男なりきりセット」を支給される。このセットには吸着手袋一式、吸着シューズ一式、蜘蛛糸3回分、蜘蛛の佃煮などが含まれる。
    吸着式の手袋とシューズはそれ単品でSTR6の吸着力をもつ為、両手足全部だとSTR24に相当する吸着力を発揮できる。壁面や天井を移動するにはこのセットが必要。