ȥå   Խ ʬ Хåå ź ʣ ̾ѹ   ñ측 ǽ   إ   ǽRSS

Wings over Adriatic

Last-modified: 2011-06-23 () 14:38:12 (2731d)
Top / Wings over Adriatic

Wings over Adriatic

"A pig who doesn't fly is just an ordinary pig."
 ―――PORCO ROSSO

時は1924年、イタリーはルネサンス以降の混乱を収束させ一つの国へと固まりつつあった。 しかし、その性急な統合は、さまざまな軋轢や新たな混乱を生み出していた、各都市の対立心、空や海に開けた自由。 この物語はその北部イタリーおよびバルカン半島、その空と海を舞台にしたストーリーである。

【ゲームの基本的な構成】 アドリア海マップ(A2)。 戦闘機2機分のデータ(賞金稼ぎ側) 戦闘機4機分のデータ(空の海賊側)

【ゲームの基本的な構造】 ゲームは基本的に、ソロシナリオと空戦を行うものである。 シナリオは2パターンあり、空族になり、対抗都市の輸送便(船)を襲いつつ、最終的に賞金稼ぎと対決するものと。

賞金稼ぎとなり、小さな依頼や、輸送便護衛などをこなし、最終的に空族連合と対決するものがある。

ちなみに空戦ではあるが空族は身代金目当てであるので殺しはしない、賞金稼ぎも「戦争じゃねえから殺しはしない(ポルコ)」である。

どのシナリオにも「勝利」と「撃墜」の双方の結果を与え(カード形式で勝利/墜落シーンとその後の結果(ボーナス/ペナルティ)を与えられる)

[空族:シナリオ案] 〜イーリアスやオデュッセイアなど古代伝説にも登場し、アリストテレスの『政治学』には海賊は猟師などと同様に職業の一つとして数えられていた。〜

・襲撃 トリエステとドブロクの交易便を サンマリノの私掠空族が襲う ・襲撃2 ヴェネチアからの定期船を襲撃する ・襲撃3 サンマリノへ工業用高級オイルを緊急空輸をすると逆に襲撃される。 ・対決 賞金稼ぎとの戦い

[賞金稼ぎ:シナリオ案] 〜飛行艇乗りの連中程、気持ちの良い男達はいない。それは海と空の両方が奴らの心を洗うから。だから飛行艇乗りは船乗りよりも勇敢で丘の飛行機乗りよりも誇り高い。彼等の一番大事なモノは金でも女でもなく名誉。〜

・捜索 島に座礁していると見られる輸送船を探すだけのシナリオ ・曲芸 また座礁した船を救援に向かう。複雑な地形の中を飛び、船が引っかかってしまっている岩にかかった鎖を打ち切る ・空戦 襲われている定期便を空族から守る ・襲撃 空族との戦い

【インストプラン】 機体は6機分つけるが、機種としては3機にしぼる。 ルール的には高度などはなくし、カードでの水平飛行に絞る。

ただし、賞金稼ぎ側は特殊な飛行〜捻り込みなど〜を認める(単に飛行カードを増やす)、但しこれを使うとダメージを引くことになり、結果としては撃墜ということを増やしてあえてコミカルな展開を目指す。

ルールについてはA4-1枚のサマリーのみでプレイできる形にする。ミニマムルールだけを理解させる。